新年明けましておめでとうございます!

2017年1月10日

こんにちは!

添乗員の江橋 麻奈です☆

新年を迎え皆様いかがお過ごしでしょうか(^ω^)

今年初めの旅は、東国三社参り&佐原散策のツアーに行って参りました!

茨城県内にある鹿島神宮と息栖神社、そして千葉県にある香取神宮を交えてお参りする事を、東国三社参りと言われております(`・ω・´)ゞ

まず初めに鹿島神宮にお参りに行きました!!

IMG_1956

この大きな鳥居は、東日本大震災のときに石の鳥居が倒れて壊れてしまい、再建には困難が予想されていたのですが、平成26年6月に境内の杉4本が使用されて、木製で再建されたそうです!!!とっても立派でした!!

IMG_1952

参拝して、もう少し奥に行くと鹿園があるのですが、なんと当日は雨に降られてしまったため、水溜りが大きく出来てしまっていて鹿園に近づく事が出来ず、鹿さん達とは会えませんでした。。。残念。。

IMG_1955

この石は、暴れる鯰の頭をこの石で押さえて、地震を起こさないようししていると言われています。昔、水戸黄門様が7日7夜掘り続けたが、あまりにも掘りきれず諦めたそうですよ、、、

写真でみると、すぐに持ち上げられそうに見えますが、、、笑

IMG_1957

当日は、お天気が雨で、とっても寒くて凍えていたのですが、お客様が味噌こんにゃくを下さって、寒さも吹っ飛びました(^ω^)!!!!!!ご馳走様でした!!!

次に息栖神社へ行きました!

IMG_1958鹿島神宮に比べると、小さくこじんまりとした神社でした!!

IMG_1963息栖神社の鳥居の反対側にも鳥居があり、その中にも鳥居が二つあります!

IMG_1960

こちらが、左側にある女瓶です!

IMG_1962

こちらが、右側にある男瓶です!

女性が男瓶の水を飲んで、男性が女瓶の水を飲むと二人は結ばれると言われております(^ω^)

新年を迎えたという事で、東薫酒蔵さんで鏡開き体験させていただきました!

IMG_1964

続いて、佐原散策&自由昼食です~

IMG_1965私は、「うなぎ長谷川」さんのうな重を美味しく頂きました(`・ω・´)ゞぜひ、皆さんも佐原行った際は、立ち寄ってみてください~!!とても食べやすかったです(^ω^)

IMG_1966最後に、香取神宮に行って来ました!!

午後からお天気も晴れたという事で、大変賑わっていました!!

IMG_1968

参拝するのにこの行列!!!!( ´_ゝ`)(´<_`  )

IMG_1969鹿島神宮にもあって要石が、実は香取神宮にもあります!

鹿島神宮は、凹型のに対し香取神宮の要石は凸型になってます!!

ぜひ、三社とも近いですのでお時間ある方は、見にいってみてください!!

今年もどうぞよろしくお願い致します!!!

以上、江橋麻奈がお送り致しました!!

謹賀新年!元旦Wダイヤモンド富士御来光ツアー!

2017年1月1日

新年あけましておめでとうございます。

今年一番のビィーフリー石塚観光は、富士山、それもダイヤモンド富士!しかもWダイヤモンド富士!

から、はじまりました。

ダイヤモンド富士とは、富士山の頂上に太陽が鎮座する一瞬、太陽がダイヤモンドのようにきらめく現象のことでございますが、はたしてバスツアーで行っても見られるものなのでしょうか…!?

IMG_3099

時は2017年1月1日。早起きした甲斐あって午前6時ころには到着。

日の出はしても富士山の向う側の話。まだまだ仄暗い様子です。

IMG_3133

後光を背負う富士山。もうカッコイイ。山向うでは朝焼けで真っ赤な「紅富士」となっていることでしょう。

ホッカイロを握りしめて「ダイヤモンド富士」を待つ。ドキドキ…

IMG_3147

ピカッ!

IMG_3165

まぶしい~~!!神々しい~~!!

目を開けているのが難しいくらいのまぶしさ!澄んだ空気も相まって、その美しさといったら筆舌に尽くしがたいものでありました!

そしてよく見ていただきますと湖面にもダイヤモンド富士が…!まさにWダイヤモンド富士!

一年の幕開けにふさわしい、素晴らしい体験でした!

今年もビィーフリーツアー石塚観光を宜しくお願い致します。

冬季(年末年始)休業日のお知らせ

2016年12月22日

**冬季(年末年始)休業日のお知らせ**

弊社では、12月28日(水)~1月3日(火)までを冬季休業期間とさせていただきます。

12月27日(火)は17時30分まで営業、また、新年1月4日(水)は9時から

通常通り営業いたします。

休業中の連絡先につきましては、石塚観光・常北店へお願いいたします。

電話番号:029-288-2111

受付時間:7:00~17:00

何卒宜しくお願い申し上げます。

syougatsu_shimekazari

亀山湖紅葉クルーズ&東京ドイツ村イルミネーション☆

2016年12月12日

早くも師走に入り、今年もいよいよ押し迫ってまいりました。

2016年、どんな1年だったでしょうか?

私は皆様とともに全国各地様々な場所に行かせていただき、きれいな景色を見、おい

しいお料理を食べ、たくさんの笑顔に出会うことができました。楽しい旅行だった!

金子さんとまた行きたい!というありがたいお言葉をいただけることが、何よりの励み

でした。本当にありがとうございます♪この場をお借りして御礼を申し上げます。

・・・このブログではすっかりおなじみとなりました(?)金子菜月です!

今回は、本州一紅葉が遅いと言われている、「房総の秘境」千葉県亀山湖紅葉クルー

ズの旅をお送り致します♪

11月下旬~12月上旬に紅葉の見頃を迎える亀山湖。12月1日当日はきれいな紅葉

を見ることができました。

クルーズ船に乗っていざ出発(^_^)ノ

DSCN1724

DSCN1727

複雑な形をしている亀山湖は、たくさんの橋がかかっており、橋の雰囲気も良い感じです~

DSCN1730

雨上がりに差し込むキラキラした日の光がとってもきれいでした。

DSCN1737

それから、今話題のスポット「濃溝の滝(のうみぞのたき)」へ行きました。

神秘的で幻想的。まるでジブリの世界!として最近SNSで話題となったこちら。

DSCN1747

DSCN1748

どうですか??まあるい洞窟からの光と木々の陰影が美しいでしょう。^ ^

滝の形が亀の甲羅に似ていることから、「亀岩の洞窟」とも言われています。カメ!

DSCN1746

ビィーフリーでは、来年1月に濃溝の滝を撮影する写真撮影の旅もありますよ~♪

そして内容盛り沢山な今回は、東京ドイツ村のイルミネーションで締めくくりです!

関東三大イルミネーションのひとつ、千葉県袖ヶ浦市にある東京ドイツ村イルミネーション☆

DSCN1750

DSCN1751

DSCN1759

私も、仕事ではありましたが、気分はとってもロマンチックな夜・・・でした。笑

それでは今回もご覧頂きましてありがとうございます(^o^)

風邪などひかぬようご自愛下さい。元気に年末年始を迎えましょう!

定義如来&鳳鳴四十八滝と白松がモナカ工場見学

2016年11月8日

こんにちは。

今回は11月4日出発「定義如来&鳳鳴四十八滝と白松がモナカ工場見学」ツアーを

ご報告致します^ ^

秋晴れの気持ち良い1日。

まずは宮城県仙台市の西方寺/定義如来へ。

西方寺は、1185年壇ノ浦の戦いで平家が敗れた後、平貞能がこの地に隠れ住み、

名前を「定義」に改名したことが由来で、庶民から「定義さん」と親しまれてきた歴史

あるお寺です。

DSCN1462DSCN1464

まるで京都の雰囲気!紅葉美しい五重塔付近↓

DSCN1477DSCN1470

彫刻が見事な山門↓

DSCN1469

門をくぐって門前通りにある「定義名三角油揚げ」のお店、「定義豆腐店」へ向かいます。

手の平ほどもある大きな揚げたての油揚げは絶品です♪…私はこっそりお店自家製豆

乳までいただいておりました ;-) 濃いけれど後味さっぱり、1杯100円!

その後、ひとつ先のお店、季節のお食事が美味しい「はやとみ」にて栗ご飯定食♪

雰囲気もとっても素敵なお店でしたね。

DSCN1473DSCN1474DSCN1476

続いて、同じく仙台市の「鳳鳴四十八滝」を見学に。

仙台の奥座敷ともいわれている作並温泉街の手前にあります。大小様々な滝が幾重

にも重なり、滝の音が伝説の鳥「鳳凰」の鳴き声に聞こえるということがその名の由来

です。

食後にてくてく散策路をお散歩です

DSCN1483

「鳳凰」とはこんな風に鳴くのでしょうか…笑?定かではありませんが、心地良い水の

音色を聞きながら、周囲の美しい景観と水面に映る紅葉の絶景を見ることができました。

DSCN1481DSCN1482

そして最後に、宮城名菓!白松がモナカ工場見学です。

昭和60年にこちらの赤坂工場創業。

モナカの皮・あんを作る工程や、施設をぐるりと一周見学しました。

なんと、皮の原料となるお米も敷地内の広~い田んぼで栽培!商品を包装する木箱

まで職人の手によって手作り!ということは驚きでした。全てがこだわりの自社生産

なのですね。

できたて作りたてのモナカのちょっぴり試食付。帰りにはお土産までいただいてしまいました(^o^)

DSCN1493DSCN1489DSCN1496DSCN1499

今回は以上です!ちなみに人気企画のため11月8日にも同じツアーが催行です☆

ご参加下さった皆様ありがとうございました。

添乗員金子菜月(かねこ なつき)がお送りしました!

下栗の里ウォーク&大鹿歌舞伎

2016年10月20日

さわやかな秋晴れが続いております。

紅葉シーズン到来ですね。皆様どこかへお出かけになりましたか??

今回は10月15日~16日、長野県「下栗の里ウォーク&大鹿歌舞伎」の旅の思い出

をお届けします。

南信州・遠山郷「下栗の里」。

南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある標高約1000mの地区で、最大

傾斜38度の傾斜面に点在する畑や家は、遠山郷を代表する景観を作りあげてい

ます。

快晴の中♪現地の案内人の方といっしょに絶景ポイントや集落をウォーキング♪

DSCN1349

DSCN1346

こ~んなに「ナナメ!」な場所に集落が。見下ろす景色にびっくりでした!

2日目は、約300年の歴史を持つ大鹿村の「大鹿歌舞伎」を見学しました。

村の方が演じているとは思えないくらい見事!でもルールなどは普通の歌舞伎座より

もゆるやかなようで、出入自由、お団子を食べたりお茶を飲んだりしながらと、皆が楽

しめるのが特徴。ユニークなアドリブも多く、歌舞伎が初めての方も楽しんでいらっしゃ

いました(^^)

DSCN1390DSCN1391

大鹿村のゆるキャラ、大鹿丸(おおしかまる)も遊びに来ていました^^

DSCN1375

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

今回は、添乗員 金子菜月(かねこ なつき)がお届けしました♪

薩摩南西諸島3島周遊~黒島・竹島・硫黄島~

2016年9月6日

こんにちは!

はじめまして。今年入社の金子菜月(かねこなつき)と申します。よろしくお願いします(^○^)☆

さてさて、8月31日~9月4日の5日間、鹿児島県の知る人ぞ知る美しき離島!薩摩南西諸島~黒島・竹島・硫黄島~へ行って参りました。

がしかし…。台風12号の影響で、急遽行程変更→3泊4日に短縮しての旅行となってしまいました。

ご参加下さった7名のお客様…急な内容の変更になりましたが、楽しんで下さり♪本当にありがとうございます。

1日目は羽田空港から鹿児島空港へ移動。「鹿児島、あつ~い!!」と思いきや。水戸よりも涼しいんです!お天気は快晴、さわやかな風が心地良い♪

到着して、鹿児島市内の観光名所「仙厳園(せんがんえん)」へ。

こちらは、薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園です。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた、敷地1万5000坪の借景庭園です。

桜島、きれいに見えました~。3日に1度は噴火するのだそうです。

DSCN0998DSCN1000DSCN0997

夕食は鹿児島駅中央駅近くの「寿庵」にて、黒豚しゃぶしゃぶ会席料理に舌鼓。「渡邉バークシャー黒豚」という種類の豚しゃぶ、甘みがあり絶品でした。

DSCN1007DSCN1010

2日目は、「フェリーみしま」に乗って約5時間半の船旅。鹿児島から、いざ!黒島。

人口200人、周囲約20kmの島。今回の3島を含む「三島村」の中では最大の島です。

現地では、ワゴン車に乗り、島にお住まいのガイドさんのご案内を頂きながら各見学スポットをまわりました。

浜大名神→黒尾大名神→妙塔→集落散策→黒島平和公園→白衣観音像→塩手鼻

DSCN1038DSCN1042DSCN1047

DSCN1052DSCN1041DSCN1061

この日のお宿は「民宿一五川」。島で採れた新鮮な食材を使った贅沢なごちそうとあたたかいおもてなしに感動でした。

DSCN1064DSCN1063

3日目は、近づく台風に追いつかれないようにと、鹿児島へ戻ることに。

フェリーから見た竹島(縄文時代の遺跡の島) と 硫黄島(活火山&温泉の島)  またいつの日か…!

DSCN1027DSCN1031

鹿児島に戻り、桜島へ。桜島の定期観光バスに参加し、バスガイドさんの案内を頂きながら桜島をぐるりと一周です^^

桜島フェリー→湯ノ平展望所→埋没鳥居→桜島火山展望台→有村溶岩展望所

DSCN1079DSCN1086DSCN1095DSCN1092

私にとっては今回が初めての「離島添乗」。島の方との交流やあたたかいおもてなしは、忘れられない思い出となりました。

番外編として…鹿児島屋台村の芋焼酎、ご当地小みかんハイボールも最高だった☆

離島ファンの皆様。次回島旅シリーズは来年4月の高知3日間M256「22人が暮らす高知最果ての島へ~四国最南端の秘島 沖の島・鵜来島~」。

どうぞお楽しみに!

祝~国定公園指定~ 「甑島」に行ってきました

2016年7月12日

みなさんこんにちは!

このブログに登場するのは初めてです。

4月から入社しました「塙 志娟」ハナワ セミ と申します!

よろしくお願い致します♪^o^

先日「甑島」にいってきたのでご紹介したいと思います!「こしきじま」と読みます!

まず甑島は、去年国定公園に指定されたばかりのニュースポットです!!

TV番組のボンビーガールの舞台になったことで名前が広まりました。

そんな甑島にはまだ手付かずの自然がたっくさん残っています!

まず、こちらは島のシンボルとも言える「ナポレオンの岩」

IMG_1151

いかがですか~?ナポレオンに見えましたか??

ナポレオンの横顔に見えるといわれています。

てっぺんの緑の部分は帽子に見えるかも~?♪

続いてはこちら!!「長目の浜」

IMG_1152

IMG_1147

こちらは日本でも数箇所しかない「トンボロ地形」!!!

なんとこの道歩くと片道2時間だとか・・・!

有名なトンボロ地形だと函館もそうですね~

お客様は「リトル函館」と名づけてました。。。いいですねヾ(=・ω・=)o♪

そしてもちろん、島グルメも満喫してきました!

甑島の特産品はキビナゴ!!
とくに刺身が絶品!とのことでしたがこの時はあいにくの台風1号直撃後。。。

キビナゴは足が速いためとれたその日じゃないと刺身で出さないそうで。。
てんぷらにしていただきました!

IMG_1142

んん~これは美味~(*σ´Д`*)
揚げたてなのにさっぱりとしていてペロリ!!

あとはこちらも珍しい、「ユリ根」!!

IMG_1148

初めて食べたのですが、ほっくほくした食感でとてもおいしかったです♪

あと、甑島といえばカノコユリ!

あっちこっちに咲き誇るカノコユリはとても綺麗で南の島の雰囲気にぴったり+.(*’`*)゚+

IMG_1145

こちらは色違いで、「オニユリ」というそうです!毒々しい色ですね~!

IMG_1149

甑島にはこんなフェリーで行きました♪カノコユリが描かれています!

IMG_1146

島の人の優しさと、大自然に触れて癒されました。。
やっぱり自然は素敵ヽ(☆’v`)★’v`)ノ
また甑島行きたい!!ぜひ来年も!!!

以上塙がお送りしました~!次回もお楽しみに☆★☆

念願のホタル撮影会!

2016年6月28日

6月は雨がシトシト、梅雨でジメジメ、気分も晴れないシーズンですね。でも梅雨の今だからこそ出会える!ホタル撮影の季節でございます。

先日の片岡先生と行く宿泊デジカメ撮影会で、日本一を誇るホタルの里・長野県上伊那郡辰野町で、ホタル撮影にチャレンジしてきました!

まずは場所を確保。下見のデータにより、ホタルが一番多く飛ぶポイントへご案内。いざ三脚をセットして夜を待ちます。

20160620161507

19時過ぎ、、、待ちに待ったホタルが現れましたよー!手のひらでもじーっと動かずあたたかな光を灯してくれます。
ピカー・・・ピカー・・・ピカー・・・ 明るいときに見ると「虫!」ですが、暗いところで光るホタルはかわいいですね。

20160620200142

皆さんセッティングもばっちり!いざ連続撮影。
フラッシュは禁止ですよ~~と案内があるにもかかわらず、ときどきおもいっきり「パシャッ」とフラッシュたいてしまう一般の方もいらっしゃるのでドキッとしますが…(;´∀`) 改めて、ホタルを見に行く方は、ホタルのためにもフラッシュをご遠慮くださいね。

さて、無事に2日間のホタル撮影ツアーを終了し、本日パソコン講座でホタル写真の完成を目指します!片岡先生のご指導により、撮影した写真を合成していきます。コツをつかめば合成は簡単♪簡単♪

20160628100439
難しいのは、どれを何枚合成すると素敵なお写真になるか、を考えることです。こればかりはパソコン技術ではなく、センスの問題でしょうか(^_^;)

というわけで、下記は片岡先生のお写真です。玉ボケも交えてあり、さすが先生の作品です!素敵~(∩´∀`)∩

合成2-10

お次はおまけで、わたくし小山田の作品。6枚合成でこれぐらいのホタルの光量が出ました!初めて撮影し、初めて合成してみましたが、自分では満足満足の出来栄えです。

B合成

先生のご指導があれば、本当に初めての方でも充分ホタル撮影を楽しむことができます!また是非来年も開催してみたいと思います。お楽しみに!

from oyamada.

亜熱帯の楽園「八丈島」

2016年2月2日

IMG_0628八丈島1 宝亭bIMG_0708

東京南方287キロメートル、ひょうたん形の「八丈島」へ行ってきました!

黒潮の影響を強く受けるこの島は温暖で雨が多く、シダ類やアロエ、ハイビスカスなど南国風の植物がお出迎え!

左の写真は、特に目を引いたストレリチアという花。その美しい容姿から極楽鳥花ともよばれています。

ネタの分厚いお寿司は「島寿司」という郷土料理で、ワサビではなくカラシで食べるお寿司なんです!

朝獲れた新鮮な魚だけが皿に乗っていて、今回はキハダマグロとキンメダイでした。

八丈島の名所といえば「玉石垣」!

砂浜のない八丈島の海で洗われて丸くなった石を積み上げ、石垣をつくっています。島で玉石垣を築ける職人は二人しかいないんだとか!

IMG_0736IMG_0639

美しい海、亜熱帯の植生、勇壮な二つの山、都会の光のない星空…

「亜熱帯の楽園」の名に恥じない素晴らしい島でした!

「八丈島のキョン!」もいます。

今回は志澤がお送りしました!